FX取引のための為替予測ガイド

WEB上にあふれる為替相場の見通しを整理しました。FXトレーダー向けです。
FX取引のための為替予測ガイド TOP > スポンサー広告> 経済指標 > 2/6~10の週間為替予測
FXfx
<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

2/6~10の週間為替予測

レンジ予想
(byセントラル短資



予想される想定レンジ

ドル円

75~78円

上げ渋る展開。

ドル・円は、日本の金融機関のリパトリ(外貨建て資産売却・円買い)絡みの円買いで上値が重い展開が予想される。

しかし、75円台では、日本政府・日本銀行による円売り介入が実施される可能性が高いことで、下げ渋る展開が予想される。ユーロ圏のソブリン・リスクや中東の地政学的リスクも円買い要因。


豪ドル円

81.5~83.5円

豪ドルの上値はやや重くなりそうだ。

豪準備銀行(中央銀行)は7日に政策金利を発表する。利下げ実施の公算が大きく、豪ドル売りが強まる可能性がある。欧米諸国の景気悪化、アジア諸国の成長鈍化に対する警戒感も残されており、投機筋の豪ドル買いがさらに強まる可能性は低いとみられる。


ユーロ円

97~102円

軟調推移か。

ユーロ・円は、日本の金融機関のリパトリ(ユーロ建て資産売却・円買い)絡みの円買いやユーロ圏のソブリン・リスク回避の円買いで弱含みに推移すると予想される。

欧州中央銀行定例理事会で追加利下げが決定された場合は、ユーロ売り・円買いに拍車がかかる可能性が高まる。


ランド円

9.7~10.5円

もみ合いか。

米国主導で世界景気の回復期待が高まりつつあり、引き続きリスク選好に伴う円キャリー・トレードのランド買いが活発になる可能性はあろう。

ただ、欧州懸念が依然として燻る中、昨年10月以降10円台では上値の重い展開が続いており、上げ渋る可能性がある。200日移動平均線の10円50銭が分岐点か。

Template by Simplest



セントラル短資 のFXライブ!では他の通貨の詳細も確認できます。
世界の株式や債券、金や原油他の相場についても予測を見ることができます。



ぱっと見テクニカル
(byFXプライム

ドル円
24usd.jpg


豪ドル円
24aud.jpg


ユーロ円
24eur.jpg


ランド円
24zar.jpg

他通貨および詳細な分析はFXプライムの口座にて参照できます。


売買比率
(byマネーパートナーズ

25baibaihi.jpg

他のマーケット情報やプロ仕様チャートはマネーパートナーズの口座にて使用出来ます。
[ 2012/02/06 08:10 ] 経済指標 | TB(-) | CM(-)
スポンサード・リンク




チェック!
FXCMジャパンfx
QRコード
QR
ブログランキングなど


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。