FX取引のための為替予測ガイド

WEB上にあふれる為替相場の見通しを整理しました。FXトレーダー向けです。
FX取引のための為替予測ガイド TOP > スポンサー広告> 週間為替予想 > 12/19~12/23の週間為替予測
FXfx
<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

12/19~12/23の週間為替予測

12/19~12/23の週間為替予測

レンジ予想
(byセントラル短資



予想される想定レンジ

ドル円

76~79円

ドル・円は、中東の地政学的リスクとユーロ圏のソブリン・リスクを回避する円買いとドルキャリートレードの手仕舞いによるドル買いの攻防が予想される。

ドル買い材料は、米国企業の利益送金、米系ヘッジファンドのドルキャリートレードの手仕舞い。ドル売り材料は、本邦金融機関の外貨建て資産売却による円買い。


豪ドル円

76~79円

豪ドルは、伸び悩む可能性がある。

欧州の債務問題が直ちに危機的状況を迎えることはないが、問題解決に向けた協議は来年に持ち越された。欧州の財政規律が強化されることは評価されているが、世界経済の成長鈍化は避けられないとの見方が広がっており、豪ドル買いが活発となる状況ではないとみられる。


ユーロ円

99~103円

上値の重い展開か。

ユーロ圏のソブリン・リスクに対する懸念から、日本の金融機関によるユーロ建て資産売却・円買いが継続する可能性が高いことで、ユーロ安・円高に推移することが予想される。

フランス国債が格下げされる可能性も高まっており、クリスマスに向けた閑散取引の中で、最悪の事態を警戒することになる。


ランド円

9~9.6円

上値の重い展開か。

インフレターゲット上限の上抜けで利下げ打ち止め観測が強まるも、世界景気減速で利上げには方向転換しづらい状況。そのため、スタグクレーションへの懸念から、国内経済の悪化が警戒されよう。

加えて、欧州格下げ懸念により、新興国からの資金流出の動きも継続か。

Template by Simplest



セントラル短資 のFXライブ!では他の通貨の詳細も確認できます。
世界の株式や債券、金や原油他の相場についても予測を見ることができます。



ぱっと見テクニカル
(byFXプライム

ドル円
1218usd


豪ドル円
1218aud


ユーロ円
1218eur


ランド円
1218zar

他通貨および詳細な分析はFXプライムの口座にて参照できます。


売買比率
(byマネーパートナーズ

1219baiabi

他のマーケット情報やプロ仕様チャートはマネーパートナーズの口座にて使用出来ます。
[ 2011/12/19 08:24 ] 週間為替予想 | TB(-) | CM(-)
スポンサード・リンク




チェック!
FXCMジャパンfx
QRコード
QR
ブログランキングなど


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。