FX取引のための為替予測ガイド

WEB上にあふれる為替相場の見通しを整理しました。FXトレーダー向けです。
FX取引のための為替予測ガイド TOP > スポンサー広告> 週間為替予想 > 10/17~21のFX為替予想
FXfx
<

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

10/17~21のFX為替予想

10/17~21の週間為替予測

レンジ予想
(byセントラル短資)



予想される想定レンジ

ドル円

75~78円

ドルは対円で強含みの展開を予想。

日本政府による円高対策を見極める展開となる。日本政府による国際通貨基金の融資枠拡大分への出資や欧州金融安定化基金債へ追加投資などで、円売り圧力が強まることが予想される。

米下院での対中制裁法案の採決は、ベイナー米下院議長の反対表明により否決される見通し。


豪ドル円

77.5~80.5円

豪ドルの上値はやや重くなる可能性がある。

雇用環境の大幅な改善は期待できないとの見方が多く、欧州諸国の債務危機が大幅に後退しても、個人勢などの豪ドル買いが強まる可能性は低いとみられる。

ドル高・円安が進行する可能性が高まっていないことも、豪ドルの上昇を抑制する一因となりそうだ。


ユーロ円

104~108円

ユーロは対円で上げ渋る展開を予想。

欧州の金融機関の自己資本強化の可能性が高まっていることはユーロ買い要因だが、ストレステスト(健全性審査)で不合格行が増えるとの懸念で、ユーロは対円で上げ渋る展開が予想される。

フランスの金融機関からの資本増強が増えた場合、フランスの格下げ懸念が高まることになる。


ランド円

9.2~10.5円

もみ合いか。ゴーダン財務相がランド買い支えの可能性を示唆したことで、底堅い推移となろう。

一方で、マーカス南アフリカ準備銀行(中央銀行)総裁は12日、内需の弱さに強い懸念を示し、11月政策決定会合での金利引き下げ観測が台頭。

同観測を嫌気して、ランド売りが強まる可能性があるとみられる。

Template by Simplest



セントラル短資のFXライブ!では他の通貨の詳細も確認できます。
世界の株式や債券、金や原油他の相場についても予測を見ることができます。



ぱっと見テクニカル
(byFXプライム)

ドル円
ドル円週間予測

豪ドル円
豪ドル円週間予測

ユーロ円
ユーロ円週間予測

ランド円
南アフリカランド円週間予測

他通貨および詳細な分析はFXプライムの口座にて参照できます。


売買比率
(byマネーパートナーズ)

FX売買比率

他のマーケット情報やプロ仕様チャートはマネーパートナーズの口座にて使用出来ます。
[ 2011/10/16 12:09 ] 週間為替予想 | TB(-) | CM(-)
スポンサード・リンク




チェック!
FXCMジャパンfx
QRコード
QR
ブログランキングなど


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。